ホワイトニング後に気を付けた方が良い飲食物

ホワイトニングの後は、歯を守っているペリクルと呼ばれるタンパク質の保護膜が剥がれており、
数時間は外からの影響を受けやすくなっています。
よって、なるべく以下に説明する食品には注意をするようにしましょう。
ホワイトニング後の二日間は、歯が乾燥しているため、着色しやすくなるため、色の濃い食べ物、飲み物は控えましょう。
例えば、コーヒー、紅茶、烏龍茶などのお茶類、赤ワイン、ベリー類、またタバコや、しょうゆ、ソース、ケチャップ、
カレーソース、着色料を用いた食品などは、特に注意が必要です。
食後は舌に色がつくようなもの、白いシャツにシミが出来るものは、ホワイトニングに関係なく歯に着色します。
これらを食べた後は、なるべく早めに歯を磨くか、うがいだけでもしておくのが無難です。
ポピドンヨードと呼ばれるうがい薬も、歯に相当着色しますので、歯を白く維持するためにも、なるべく避けるようにしましょう。

ホワイトニング 歯磨き粉 ランキング